フラーレン化粧品ランキング ビタミンC誘導体APPSとの相性を探る

フラーレンでニキビが治りアトピーが治りました。日々の生活を含め、愛用のフラーレン&ビタミンC誘導体化粧品をご紹介。

ビタミンC誘導体化粧水 APPS アプレシエ高配合を選ぼう!

肌の老化を防ぐ方法

スキンケアでは紫外線から皮膚を守ることが最も大切と言われています。

しかしながら、日常生活で紫外線を防ぎながら過ごすのはなかなか至難の業。

なぜなら、部屋の中でも知らず知らずに紫外線を浴びているから。

 

だからこそ、しっかりと紫外線対策をしなくてはならないのです。

  1. 日焼け止めを付ける

大変簡単なことですが、きちんと有効な日焼け止めを付けていますか?

紫外線は、冬でも曇りの日でも雨の日でも私たちのいる地上に降り注いでいるのをご存知ですか?紫外線のダメージから肌を守るには毎日欠かさずしっかりと日焼け止めを付けることが重要です。

日焼け止めは汗や皮脂によって落ちてしまうのでしっかりとこまめに塗りなおすことが必要です。

 

今は、紫外線カットができる帽子をかぶることや、マスク、日傘などを利用するのも紫外線を防ぐ方法と言えるでしょう。衣類などでも紫外線を防止するものがたくさん販売されているのでチェックしてみると良いでしょう。

 

お肌の老化は紫外線と活性酸素(ストレス)が原因です。

この2つの要因を防ぐためには、

一つ目は 紫外線宅作のために日焼け止めを付ける

二つ目は フリーラジカル活性酸素)から皮膚を守るために毎日抗酸化物質をお肌に 

     つけることが重要です。

お肌のフリーラジカルを防ぐにはお肌に直接抗酸化物質を付けることが大切です。

 

2、抗酸化物質を直接付ける

抗酸化物質には様々ものがあります。

ビタミンC 体の70%を占める水の部分ではたらく抗酸化物質です。

ビタミンCはお肌につけることも、体の中へ経口摂取もどちらも有効です。

メラニンの生成を阻害するため美白に有効です。

さらにはコラーゲンの生成を促進する働きを持っているため皮膚にハリを与えイキイキとさせ美白に有効です。

ビタミンC誘導体にはいくつもの種類があます。

その中でも最高峰ともいえるビタミンC誘導体であるAPPS。

浸透性の違いを図解します。

f:id:beautymall2008:20170514115111g:plain

 

 

ご覧の通り、従来のビタミンCと異なり、真皮層まで浸透するのが目に見えてわかります。

 

 

またビタミンC誘導体はフラーレンとの併用使いすることで通常のフラーレンの持ち合わせる効果を何倍にもしてしまうので化粧品選びも変わってきますね。

 

f:id:beautymall2008:20170514115132j:plain

 

         f:id:beautymall2008:20160901201754j:plain

 

ビタミンC誘導体APPSを配合したものは近頃たくさん出回っておりますね。

ビューティーモールさんのは違いますよ!

 

ビタミンC誘導体APPS×ビタミンE誘導体TPNaという最高の相性のものを(シミを消す組み合わせ)配合しております。

 

シミを消すで有名な!

ケシミンクリーム

こちらもビタミンCとビタミンEですね。

しかし・・・・

このプレミアムローション誘導体の形であり、

ビタミンC誘導体はAPPSなので・・・

 

イオン導入しなくても真皮層まで浸透!

 

今までのAPPSでは実感がなかった方へ・・・

 

にきび、アトピーでも使えるしわシミ対策。

 

あの、林真理子さんも愛用中!